良質な霊園を探すなら見学に行くのが最適!

線香

選び方と配慮のポイント

墓地

埼玉は交通利便性の高い地域ですので、霊園を選定する際は親族のお参りに配慮し、アクセス手段の意識もポイントです。園内のバリアフリー状況と駐車場台数も大切な要素となります。宗教・宗派の限定が無いか確認し、候補をいくつかピックアップしてトータルの料金比較を行います。

故人の供養

墓参り

京都には寺院が多く、永代供養を行っているところもたくさんあります。永代供養を希望する人は、古くからある京都の寺院に相談してみましょう。永代供養は、生前に費用を払えば、永久的に供養してもらえます。通常のお墓を購入するよりも安く済むので、近年注目を集めている埋葬方法です。

霊園で供養する

蝋燭

埼玉には複数の霊園が存在しています。亡くなった後のことを考えるようになってきたら霊園を利用するようにしましょう。霊園での管理は個人管理ではなく、管理者によって行われる為身内の負担にもなりません。

大好きな街に眠る

メンズ

寿陵を探しに出る

東京都民の3分の1が住むという多摩地区には、多くの霊園があります。寺院の墓地とは違い、広くすがすがしい公園を感じる霊園は、多摩地区の地形にとても適しているようです。長く住み慣れた街を眺められ、安らぎの地となるような小高い丘に恵まれているからですね。多摩地区というのは、北多摩、南多摩、西多摩を総称していて、およそですが立川市から西側と多摩川を境に南北をさし、そのほとんどが台地や丘陵または山岳地帯となっています。現在使われている多摩地区や多摩地域には、川崎や相模原あたりも含まれるため人口の多さは予想以上の数でしょう。高度成長期に集中してきた人々も、働き盛りの年齢を過ぎてきました。地方の実家がある方は心配ないのですが、たびたびは帰ることができない親族の事情で、この地にお墓を求める方も年々増加してまいりました。生前に霊園見学を申し込み、自身のお墓を求めていかれます。数多くあるお寺や霊園の中から、自分らしく生きた証として好みの墓地を探してみてはいかがでしょうか。東京都営墓地がある地域を調べてみるのもいいでしょう。それ以外は民営の霊園になりますが、どちらも交通の便の良く、あるいは行き届いた管理のできるように工夫されたものが見受けられます。家族のいる街に、一緒に眠ることができたり、いつまでも見守ることのできるこの地域を選ばれるのが最適かと思いますが、すでに完売済みのところもあります。霊園探しを始めるのに、早すぎることはないでしょうし、生前に墓を求めることは縁起が良く、寿陵とよばれるのだそうです。